English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

ジョン・キーツ John Keats


チャップマンのホメロスを一読して
キリギリスとコオロギ On The Grasshopper And Cricket
エンディミオン Endymion
12月のわびしい夜 In drear-nighted December
デヴォンのお嬢さん Where be ye going
愛していますとあなたはいう You say you love
美しいけれど無慈悲な乙女 La Belle Dame Sans Merci
ナイチンゲールに寄す Ode To A Nightingale
ギリシャの壺に寄す Ode on a Grecian Urn
居酒屋マーメイド Lines on the Mermaid Tavern
秋に寄す To Autumn
憂愁のオード Ode on Melancholy
ハイペリオン Hyperion
アポロへの讃歌 Hymn To Apollo
恐れのとき When I have Fears
今夜わたしが笑ったわけ Why did I laugh tonight?
ブライト・スター Bright Star :キーツの切ないラヴレター
妖精の歌 Fairy Song
この日が過ぎ去った The Day is Gone
死 On death

ジョン・キーツ John Keats :生涯と作品
詩集・緋色の愛






ジョン・キーツ John Keats(1795-1821) は、パーシー・ビッシュ・シェリーと並んで、イギリス・ロマンティシズムの盛期を飾る詩人である。

年上の友人シェリーと先輩格のリー・ハントが、ともにリベラリズムの信念から政治的な傾向を見せたのに対し、キーツは自然や人間の美を大事にし、美を歌うことこそが詩人の使命だと考えていた。こうした彼の態度が、作品に透明な輝きをもたらし、珠玉のように美しい詩を生み出させたのである。

キーツはわずか25年の短い一生を生きたに過ぎなかったが、グレート・オードと称される作品群をはじめとしたその詩業は、21世紀に生きる我々現代人にも、時空を超えて訴えるものがある。

ここでは、キーツの詩の代表作について、管理人(壺齋散人)による翻訳と解説を紹介し、あわせてそれぞれの詩の原文を掲載した。





HOME







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである