English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


死 On death:ジョン・キーツ



  生きることが夢に過ぎず 至福のときも幻影ならば 
  死ぬことは眠りの続きのようなもの
  つかの間の喜びも幻に過ぎない
  なのに人間は死を忌み嫌う

  人間がこの世でこうむるのは
  苦しいことばかりなのに
  茨の道のかわりに安楽の未来を
  待ち望まないのは奇妙なことだ


この詩から伺う限り、キーツは信仰の中にではなく、哲学的な諦念によって、死の恐怖を乗り越えようとしたかに見える。


ジョン・キーツは、不治の病に襲われ自分の死を身近なものとして考え始めて以来、様々な形で死というものに立ち向かい、それを詩に歌った。それらは、輝かしかった日々への愛惜の念であったり、愛する人々への感謝の気持ちであったり、死すべき身にして恋をしたことへの自責であったりした。

キーツは死を考えるたびに、恐怖と戦慄を感じたに違いない。その感情は理屈ではいたし方のないものだ。だが、キーツは最後には、死の恐怖を乗り越え得たのかもしれない。

「死」と題する詩は、キーツが死を自分のものとして受け入れた、その思いを歌ったものである。








On death

  Can death be sleep, when life is but a dream,
  And scenes of bliss pass as a phantom by?
  The transient pleasures as a vision seem,
  And yet we think the greatest pain's to die.

  How strange it is that man on earth should roam,
  And lead a life of woe, but not forsake
  His rugged path; nor dare he view alone
  His future doom which is but to awake.





前へHOMEキーツ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである