English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


恐れのとき When I have Fears :キーツ



  わたしのペンがわたしの思いを書きつくすまで
  万巻の書を読み豊かな思想を
  収穫のように実らせることが出来るまで
  自分が生きてはいないだろうと思うと

  夜空に輝く星を眺め
  そこに高雅なロマンスを読み取るとき
  いかに魔法の手を以てしても
  星の軌跡を辿り尽すことは出来ないと思うと

  そしてあなた たまゆらに輝く愛しい人よ
  あなたを見ることがもはやかなわず
  あなたの純真な愛のすばらしい魅力を
  もはや味わうこともできないと思うと
  わたしはこの世の崖っぷちに一人たたずみ
  愛も名誉も何者でもないと考えるのだ


キーツは弟のトムが結核で死んだことに深い衝撃を受け、自分もやはり弟のように、そう長くは生きられないだろうと思うようになった。1818年には、彼にも結核の症状が現れ、それが深刻化し始めたのだ。

その頃に、キーツはファニー・ブローンを愛するようになった。その愛が深いものであればあるほど、キーツはその愛に責任をもてないことに苦しんだ。なぜなら、自分は愛する人を幸せにすることが出来ないからだ。

そんなキーツの深い嘆きが、この詩の中にはこめられている。








When I have Fears that I may Cease to Be

  When I have fears that I may cease to be
   Before my pen has glean'd my teeming brain,
  Before high-piled books, in charactery,
   Hold like rich garners the full ripen'd grain;

  When I behold, upon the night's starr'd face,
   Huge cloudy symbols of a high romance,
  And think that I may never live to trace
   Their shadows, with the magic hand of chance;

  And when I feel, fair creature of an hour,
   That I shall never look upon thee more,
  Never have relish in the faery power
   Of unreflecting love;--then on the shore
  Of the wide world I stand alone, and think
  Till love and fame to nothingness do sink.





前へHOMEキーツ次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである