English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

ジョン・ダン:詩の翻訳と解説



ジョン・ダン John Donne (1572-1631) はイギリスの文学史上あまり例をみないユニークな詩人である。若い頃に歌った恋の歌は、肉の喜びを謳歌し、また魂の交わりを、恍惚を以て描いている。こんなに官能的な詩を書いた詩人は、世界文学の上でも、そう多くはいない。晩年には、深い宗教的な思索を詩の中で繰り広げた。それは彼の生涯を通じての神へのこだわりを、自分の死の予感に震えながら、歌ったものだった。

ダンはまた、世界の文学史上で、初めてメランコリーを歌った詩人でもある。自身深いメランコリーに取り付かれていたようだ。そのため自殺の衝動にかられることも数ならずあった。ダンは世界の文学史上、はじめて近代人としての憂愁に向き合った詩人とも言える。



蚤 The Flea
流れ星をつかまえろ Go and catch a falling star
昇る陽 The Sun Rising
餌 The Bait
傷心 The Broken Heart
告別 A Valediction
恍惚 The Ecstacy
魂の喜び Soul’s Joy
聖なるソネット1(翼をください)
聖なるソネット4(黒く汚れた心よ)
聖なるソネット10(死よ驕るなかれ)
聖なるソネット17(天国への思い)
誰がために鐘は鳴る Meditation XVII.
父なる神への讃歌 A Hymn To God The Father

ジョン・ダン John Donne:生涯と作品
詩集・緋色の愛



HOMEジョン・ダン








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである