English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

恍惚 The Ecstacy :ジョン・ダン



  ベッドの上の枕のように
  はちきれた土手が盛り上がって
  スミレの頭を休ませてるところに
  僕らは愛し合いながら横たわっていた

  つなぎあった僕らの手は
  にじみ出る汗の香油で固く結ばれ
  二つの目から飛び出る視線は
  僕らの目を二重の糸でつなぎ合わせる

  今は手をつなぎあうことが
  ひとつに結ばれるための手段
  そして互いの姿を見つめあうことで
  思いを交し合おうとする

  勝利の女神が二つの陣営の間で
  どちらを贔屓にするか迷っているように
  僕らの魂も体から出てきたまま
  二人の間で逡巡している

  僕らの魂がぐずついている間
  僕らの体は墓標のように横たわる
  そして一日中同じ姿勢のまま
  一言もいわないでじっとしているのだ

  もしも誰か 愛によって清められ
  魂の言葉をわかることができ
  心から素敵な愛に育まれたものが
  僕らの近くに来たとしたら

  その人は 溶け合った魂のどちらが
  話をしているのか区別できないにしても
  その話から新たな精気を受け取り
  来た時よりも一層清められるだろう

  この恍惚が迷わすことなく
  僕らに愛を教えてくれる
  それはセックスなどではなく
  心の中での動きなのだ

  でもどんな魂も
  未知のものからできている
  愛はこれらの魂を混ぜ合わせ
  ひとつのものに結び合わせるのだ

  一輪のスミレを植え替えると
  それまでは弱々しかったものも
  力や色や大きさが
  見違えるように増す

  愛も二つの魂を結び合わせ
  互いの力を増させるから
  そこから力強い魂がほとばしり
  もはや孤独に悩むこともない

  新しくひとつの魂になった僕らは
  自分たちが何でできているかを知っている
  僕らを作り出した原子は
  決して変わることのない魂なのだ

  ああなのに! こんなにも長く
  なぜ肉体をまとわねばならないのだろう
  肉体は僕らではなく 僕らのもの
  僕らは精魂 肉体は天球

  僕らは肉体には感謝する
  僕らを最初に結びつけてくれたし
  感覚の力を与えてくれた
  決して無価値なものなんかじゃない

  天の精気が人間に働きかけるのは
  まず空気を伝わってきたあと
  魂もまず肉体に宿った後
  ほかの魂に向かって流れる

  僕らの血はやっきになって
  魂に似た霊気を作ろうとする
  そのような指が人間を生み出すには
  かすかな結び目を必要とする

  それゆえ純粋な恋人の魂もまず
  感覚でとらえることのできる
  情念と肉体に降りなければならない
  でなければ王侯もとらわれの身だ

  それゆえ肉体に戻ろう
  弱い者でも愛の表れをわかるように
  愛の神秘は魂の中で育つが
  肉体はその教本なのだ

  もしも僕らに似た恋人が
  ひとつになった僕らの対話を聞いたとしたら
  その人はきっと見えるに違いない
  肉体に戻っても変わらないぼくらの姿が


肉体と魂との関係についてプラトニックな夢想を語ったこの詩は、一方では肉体に対する魂の優位をいいながら、他方では肉体は魂の宿る場所とも歌っている。

だから真の愛とはセックスとは違うといいながら、二つの肉体の合一にもそれなりの価値を認めている。若い頃に肉の愛を謳歌したダンが、魂と肉体との間に折り合いをつけようとしたものだ。








The Ecstacy .by John Donne

  WHERE, like a pillow on a bed,
  A pregnant bank swell'd up, to rest
  The violet's reclining head,
  Sat we two, one another's best.

  Our hands were firmly cemented
  By a fast balm, which thence did spring ;
  Our eye-beams twisted, and did thread
  Our eyes upon one double string.

  So to engraft our hands, as yet
  Was all the means to make us one ;
  And pictures in our eyes to get
  Was all our propagation.

  As, 'twixt two equal armies, Fate
  Suspends uncertain victory,
  Our souls-which to advance their state,
  Were gone out-hung 'twixt her and me.

  And whilst our souls negotiate there,
  We like sepulchral statues lay ;
  All day, the same our postures were,
  And we said nothing, all the day.

  If any, so by love refined,
  That he soul's language understood,
  And by good love were grown all mind,
  Within convenient distance stood,

  He- though he knew not which soul spake,
  Because both meant, both spake the same-
  Might thence a new concoction take,
  And part far purer than he came.

  This ecstasy doth unperplex
  (We said) and tell us what we love ;
  We see by this, it was not sex ;
  We see, we saw not, what did move :

  But as all several souls contain
  Mixture of things they know not what,
  Love these mix'd souls doth mix again,
  And makes both one, each this, and that.

  A single violet transplant,
  The strength, the colour, and the size-
  All which before was poor and scant-
  Redoubles still, and multiplies.

  When love with one another so
  Interanimates two souls,
  That abler soul, which thence doth flow,
  Defects of loneliness controls.

  We then, who are this new soul, know,
  Of what we are composed, and made,
  For th' atomies of which we grow
  Are souls, whom no change can invade.

  But, O alas ! so long, so far,
  Our bodies why do we forbear?
  They are ours, though not we ; we are
  Th' intelligences, they the spheres.

  We owe them thanks, because they thus
  Did us, to us, at first convey,
  Yielded their senses' force to us,
  Nor are dross to us, but allay.

  On man heaven's influence works not so,
  But that it first imprints the air ;
  For soul into the soul may flow,
  Though it to body first repair.

  As our blood labours to beget
  Spirits, as like souls as it can ;
  Because such fingers need to knit
  That subtle knot, which makes us man ;

  So must pure lovers' souls descend
  To affections, and to faculties,
  Which sense may reach and apprehend,
  Else a great prince in prison lies.

  To our bodies turn we then, that so
  Weak men on love reveal'd may look ;
  Love's mysteries in souls do grow,
  But yet the body is his book.

  And if some lover, such as we,
  Have heard this dialogue of one,
  Let him still mark us, he shall see
  Small change when we're to bodies gone.






前へHOMEジョン・ダン次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである