English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

餌 The Bait :ジョン・ダン



  さあおいで いとしい人よ
  金色の砂浜 クリスタルな流れで
  絹の糸と 銀の針を使って
  気晴らしに釣りをしてみよう

  川はせせらぎ流れ
  君の目は太陽よりも暖かい
  その目に恋をした魚たちは
  君に釣られることを願うだろう

  君が水しぶきをあげて泳ぐと
  あちこちにひそんだ魚たちは
  君のほうへと近寄ってきて
  君を捕まえようとするだろう

  太陽や月の光が君の裸体をさらすのがいやなら
  どちらも暗くしてしまうがよい
  僕にはそれらの光がなくても
  君の姿がみえるから

  中には釣竿をもったまま凍えていたり
  貝殻や雑草で足を切るものがいる
  わなや網で仕掛けをして
  哀れな魚たちをとるものがいる

  粗野な手を泥の底につっこみ
  寝ている魚たちを土手に引っ張りあげるものがいる
  絹糸で作った毛鉤で魚をだまし
  その落ち着かぬ目をくらますものがいる

  君にはそんな小細工は必要ない
  なぜなら君自身が餌だからだ
  君に釣られない魚がいたら
  その魚は僕よりずっと賢い


女性があまりにも美しいので、釣りをされている魚たちのほうが、彼女を釣ってしまいたくなる。女性の美を釣りの餌にたとえた珍しい比喩の歌だ。








The Bait .by John Donn

  COME live with me, and be my love,
  And we will some new pleasures prove
  Of golden sands, and crystal brooks,
  With silken lines and silver hooks.

  There will the river whisp'ring run
  Warm'd by thy eyes, more than the sun ;
  And there th' enamour'd fish will stay,
  Begging themselves they may betray.

  When thou wilt swim in that live bath,
  Each fish, which every channel hath,
  Will amorously to thee swim,
  Gladder to catch thee, than thou him.

  If thou, to be so seen, be'st loth,
  By sun or moon, thou dark'nest both,
  And if myself have leave to see,
  I need not their light, having thee.

  Let others freeze with angling reeds,
  And cut their legs with shells and weeds,
  Or treacherously poor fish beset,
  With strangling snare, or windowy net.

  Let coarse bold hands from slimy nest
  The bedded fish in banks out-wrest ;
  Or curious traitors, sleeve-silk flies,
  Bewitch poor fishes' wand'ring eyes.

  For thee, thou need'st no such deceit,
  For thou thyself art thine own bait :
  That fish, that is not catch'd thereby,
  Alas ! is wiser far than I.






前へHOMEジョン・ダン次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである