English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

昇る陽 The Sun Rising :ジョン・ダン



  せっかちなオヤジ がさつ者の太陽よ
  どうしてそう気ぜわしく
  窓のカーテン越しに僕らのことを伺うのだ?
  恋の営みもお前の歩調に合わせろというのか?
    助平なエロオヤジめ
    怠け者の子供たちでも叱っていろ
    鷹匠たちに王様のお出ましだと伝えろ
    百姓たちをさっさと仕事に駆り立てろ
  僕らの恋の営みには季節も陽気も
  時間も月日も 時の歩みは関係ない

  お前の光が強力で崇高だなんて
  どうしてそう思うのだ?
  僕が目をつぶればお前なんて見えなくなる
  そうしないのは彼女を見ていたいからだ
    彼女の目に眩んでいなかったら
    インドのスパイスと鉱石とが
    まだもとのままにあるか見に行って来い
    もしなかったなら僕と一緒にここで寝ろ
  昨日見かけた王侯たちを探して来い
  みな一緒にベッドの中だと答えるだろう

  すべての国土は彼女 ぼくはそこの王子様
  ほかには何もない
  王様がしているのも僕らの真似 それに比べれば
  どんな栄誉も偽もの どんな富もまがいもの
    太陽よ お前の幸せは僕らの半分ほど
    世界とはそういうものなのだ
    年老いたお前の勤めは世界を暖めること
    だから僕らのことも暖めるのだ
  僕らに輝きかければ お前はどこにでもいられる
  このベッドがお前の中心 この壁がお前の領分

暗がりのなかでせっかく気持ちよく抱き合っていた二人なのに、太陽が昇って自分たちの姿を白日にさらしてしまった。いまいましいことだ、こうこの詩は歌っているようだ。恋人たちの甘い快楽にとっては、太陽といえども邪魔者なのだ。








The Sun Rising. by John Donne

  BUSY old fool, unruly Sun,
  Why dost thou thus,
  Through windows, and through curtains, call on us ?
  Must to thy motions lovers' seasons run ?
    Saucy pedantic wretch, go chide
    Late school-boys and sour prentices,
    Go tell court-huntsmen that the king will ride,
    Call country ants to harvest offices ;
  Love, all alike, no season knows nor clime,
  Nor hours, days, months, which are the rags of time.

  Thy beams so reverend, and strong
  Why shouldst thou think ?
  I could eclipse and cloud them with a wink,
  But that I would not lose her sight so long.
    If her eyes have not blinded thine,
    Look, and to-morrow late tell me,
    Whether both th' Indias of spice and mine
    Be where thou left'st them, or lie here with me.
  Ask for those kings whom thou saw'st yesterday,
  And thou shalt hear, "All here in one bed lay."

  She's all states, and all princes I ;
  Nothing else is ;
  Princes do but play us ; compared to this,
  All honour's mimic, all wealth alchemy.
    Thou, Sun, art half as happy as we,
    In that the world's contracted thus ;
    Thine age asks ease, and since thy duties be
    To warm the world, that's done in warming us.
  Shine here to us, and thou art everywhere ;
  This bed thy center is, these walls thy sphere.






前へHOMEジョン・ダン次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである