English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

傷心 The Broken Heart :ジョン・ダン



  こんなことをいうやつは全くのばか者だ
  一時間の間恋をしたなどと
  それもすぐに覚めたというのでなく
  むさぼるような恋だったなどと
  もし僕が一年間疫病にかかっていたといったら
  誰が僕のいうことを信じるだろうか?
  火薬の光が太陽を焼け焦がしたといったら
  誰が僕を笑わないでいようか?

  ひとたびキューピッドの手にかかれば
  心とはなんとちっぽけなもの!
  どんな悲しみも心を占めつくすことはなく
  別の新たな悲しみが僕らの心を訪れる
  だが恋は僕らを引っ張り寄せ
  僕らを飲み込んで身動きもさせない
  恋は鎖のように絡みつき誰をも死に追いやる
  恋は凶暴なマス 僕らの心は稚魚だ

  でないとすれば 僕が始めて君を見たとき
  僕の心に起きたのは何だったか?
  僕は心をもって君の部屋に入ったのに
  出てきたときにはなくなっていたのだ
  もし君のところに行ってしまったのなら
  僕の心よ もう少し慈悲を垂れてくれと
  君の心に伝えてくれ
  なのに ああ! 恋は僕の心を
  一撃にガラスのように砕いてしまった

  もともとないものがなくなるわけはない
  どんな場所も全く空っぽなわけはない
  だから僕の胸にも心のかけらが
  すこしは残っているはずだ
  粉々になったガラスにも
  一粒ずつの破片が残っているように
  僕の心のかけらも 希望や憧れを持てるだろう
  でもこんな恋をした後では もう愛することはできない


恋のために心がちじぢりになるさまを歌ったこの詩の題名 Broken Heart は傷心とも、粉々に砕かれた心とも訳せよう。








The Broken Heart. by John Donne

  He is stark mad, whoever says,
  That he hath been in love an hour,
  Yet not that love so soon decays,
  But that it can ten in less space devour ;
  Who will believe me, if I swear
  That I have had the plague a year?
  Who would not laugh at me, if I should say
  I saw a flash of powder burn a day?

  Ah, what a trifle is a heart,
  If once into love's hands it come !
  All other griefs allow a part
  To other griefs, and ask themselves but some ;
  They come to us, but us love draws ;
  He swallows us and never chaws ;
  By him, as by chain'd shot, whole ranks do die ;
  He is the tyrant pike, our hearts the fry.

  If 'twere not so, what did become
  Of my heart when I first saw thee?
  I brought a heart into the room,
  But from the room I carried none with me.
  If it had gone to thee, I know
  Mine would have taught thine heart to show
  More pity unto me ; but Love, alas !
  At one first blow did shiver it as glass.

  Yet nothing can to nothing fall,
  Nor any place be empty quite ;
  Therefore I think my breast hath all
  Those pieces still, though they be not unite ;
  And now, as broken glasses show
  A hundred lesser faces, so
  My rags of heart can like, wish, and adore,
  But after one such love, can love no more.






前へHOMEジョン・ダン次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである