English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

聖なるソネット17:ジョン・ダン



  我が愛する女性が自然への負債を支払い
  彼女自身と私の幸福のために死んで
  その魂が天に召されてからというもの
  私はすっかり天上へと思いをいたした

  ここに彼女をたたえるあまりに 神よ
  私はあなたを追い求めて水源をたどった
  でもあなたを見出しあなたに渇きを癒されても
  聖なる渇きは水腫となって私をとろかすのみ

  なぜこれ以上の愛を求める必要があるのか
  あなたが彼女に代わって私の魂に求愛しているのに
  そして私が聖者や天使や聖なるものに
  心を奪われはしないかと恐れるだけでなく
  世界や肉体、いや悪魔までが私をとりこにしまいかと
  あなたが妬ましそうに心配しているというのに


この詩は妻アンの死を悼んで作ったとされる。そのアンが天国へ行ってしまったので、ダンは天国のことばかり考えるのだが、それは天国にいる妻のことであって、天国の主催者たる神のことではない。








HOLY SONNETS 17.

  Since she whom I loved hath paid her last debt
  To Nature, and to hers, and my good is dead,
  And her soul early into heaven ravished,
  Wholly on heavenly things my mind is set.

  Here the admiring her my mind did whet
  To seek thee, God; so streams do show the head;
  But though I have found thee, and thou my thirst hast fed,
  A holy thirsty dropsy melts me yet.

  But why should I beg more love, whenas thou
  Dost woo my soul, for hers offering all thine:
  And dost not only fear lest I allow
  My love to saints and angels, things divine,
  But in thy tender jealousy dost doubt
  Lest the world, flesh, yea, devil put thee out.






前へHOMEジョン・ダン次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2009
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである