English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ダンテ・ガブリエル・ロゼッティ Dante Gabriel Rossetti



命の家 The House of Life
接吻 THE KISS
初夜の眠り NUPTIAL SLEEP
真昼の野辺 SILENT NOON
心の逃げ場所 HEART'S HAVEN
愛の命 LIFE-IN-LOVE
死を超えた愛 Through Death to Love
愛と死 Death in Love
彼女なしでは Without Her
最後の贈り物 Love's Last Gift
夢 Heart of the Night
上書き A Superscription
希望 The One Hope





ダンテ・ガブリエル・ロゼッティ Dante Gabriel Rossetti (1828-1882) は、ラファエル前派と呼ばれる美術運動を主導した芸術家である。画家としては、伝統的な遠近法を無視した様式的な画風が、フランス印象派の共感を呼び、近代絵画の流れに直接つながるものだと、高い評価を得ている。

詩人としても、独特の境地を確立した。特に「命の家」と題したソネット集は今日でも新しさを失わない。これは妻エリザベスとの愛を歌ったものだが、その愛は精神的であるとともに、肉感的でもあり、接吻や性交の喜びを官能的に歌い上げている。

ロゼッティの詩には素直でわかりやすいものがある一方、「命の家」に収められたソネット群には韜晦なものが多い。それは肉欲を直接に表現することがはばかられたヴィクトリア朝時代の偽善的な風土を前提にしたものだからと考えられる。

ここではロゼッティのソネット集「命の家」から、ロゼッティらしさが最もよく現れている作品を選んで、管理人による翻訳と解説を載せ、併せてそれぞれの詩の原文を掲載した。





HOME







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである