English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


真昼の野辺 SILENT NOON:ロゼッティ



ダンテ・ガブリエル・ロゼッティの詩から「真昼の野辺」SILENT NOON(壺齋散人訳)

  君は手を広げ草の上に大の字になる
  指先でノバラの花を確かめながら
  君の瞳は穏やかに笑い 広々とした野原の上には
  大空がまばゆく広がっている
  ぼくらの周りには 見渡す限り
  キンポウゲが銀色の綿をはためかせ
  サンザシの垣根には野良ニンジンがまとわりつき
  砂時計のようにゆったりと流れる時間

  日の光を浴びて飛ぶとんぼが
  空から垂れ下がった青い糸のようだ
  僕らの時間にも羽が生えて 空から飛んできた
  この物言わぬ静かな時間を
  永遠の贈り物として胸に抱きしめよう
  そうすればその沈黙から愛の歌が生まれるだろうから


「命の家」 The House of Life 第19番の詩。イギリスの広々とした草原に横たわる若い男女を歌ったものだ。草原にはきんぽうげや野良ニンジンなどが咲き広がり、悠然とした時間がまるで砂時計のように流れていく。






SILENT NOON

  Your hands lie open in the long fresh grass,--
  The finger-points look through the rosy blooms:
   Your eyes smile peace. The pasture gleams and glooms
  'Neath billowing skies that scatter and amass.
   All round our nest, far as the eye can pass,
   Are golden kingcup-fields with silver edge
   Where the cow-parsley skirts the hawthorn-hedge.
   'Tis visible silence, still as the hour-glass.

  Deep in the sun-searched growths the dragon-fly
  Hangs like a blue thread loosened from the sky:
  So this wing'd hour is dropt to us from above.
  Oh! clasp we to our hearts, for deathless dower,
  This close-companioned inarticulate hour
  When twofold silence was the song of love.





前へHOMEロゼッティ次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである