English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


最後の贈り物 Love's Last Gift:ロゼッティ



ダンテ・ガブリエル・ロゼッティのソネット集「命の家」から「最後の贈り物」Love's Last Gift(壺齋散人訳)

  愛の天使が歌い手に光る葉を示していった
  バラは花を開いてミツバチを招き寄せ
  リンゴは見事な実を結ぶ
  黄金の茎が束ねられと羽のようだ

  夏は季節の覇者 実り豊かなとき
  暖かい海の底にも
  もろもろの変わった草が
  珊瑚の繁茂する海峡をひそかにうずめる

  これらすべての甘い愛の花々を
  春から夏の間はお前に与えよう
  秋になれば お前の歌を聴く花はいない

  だが風にしおれるさまざまなもののなかで
  この月桂樹のみは冬をも恐れない
  これがわが贈り物だ 心して歌え


「命の家」第59番。花を聴衆にたとえ、そのなかで月桂樹がもつ特別の生命力を歌う。この花なら冬でも愛の歌を聞いてくれるというのだ。






LOVE'S LAST GIFT

  Love to his singer held a glistening leaf,
   And said: 'The rose-tree and the apple-tree
   Have fruits to vaunt or flowers to lure the bee;
   And golden shafts are in the feathered sheaf
   Of the great harvest-marshal, the year's chief,
  Victorious Summer; aye, and 'neath warm sea
  Strange secret grasses lurk inviolably
  Between the filtering channels of sunk reef.

  All are my blooms; and all sweet blooms of love
  To thee I gave while Spring and Summer sang;
  But Autumn stops to listen, with some pang
  From those worse things the wind is moaning of.
  Only this laurel dreads no winter days:
  Take my last gift; thy heart hath sung my praise.'





前へHOMEロゼッティ次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである