English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ジョージ・ゴードン・バイロン:詩の翻訳と解説



ジョージ・ゴードン・バイロンGeorge Gordon Byron (1788-1824) は、イギリスのロマン主義が怒涛のように渦巻いた時代に、常にその渦の中心にいた詩人だった。バイロンは、生前はもとより、19世紀中を通じて、ロマンティシズムのチャンピオンとして受け取られたばかりか、シェイクスピアと並んで、イギリスが生んだ最も偉大な詩人だと考えられていた。

今日ではシェリーやキーツの後塵を拝するようになってしまったバイロンだが、そのユニークで壮大な詩業はやはり超一流の業績といわねばならない。







彼女の歩く姿の美しいさま She walks in beauty
冷たさが人を包んで :バイロンの宇宙感覚
音楽に寄せて Stanzas for Music
オーガスタに捧げる Stanzas To Augusta
ギリシャの島々 The Isles of Greece:バイロン「ドン・ジュアン」から
もう さまようのはやめよう So we'll go no more a-roving
誰がキーツを殺したか Who killed John Keats
36歳の誕生日 My Thirty-Sixth Year

バイロン George Gordon Byron :生涯と作品
詩集・緋色の愛



HOME








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである