English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

ギリシャの島々 The Isles of Greece


  ギリシャの島々 ギリシャの島よ!
  情熱のサフォーが愛し歌ったところ
  戦争と平和の術が栄えたところ
  デロスが立ち フェーボスが跳ねたところ
  永遠の夏が輝きをもたらし
  太陽のほか沈むもののないところ

  キオスとテオスのミューズたち
  英雄のハープと恋人のリュートが
  目にした栄光も今はない
  彼らが生まれた地は沈黙し
  その声が至福の島をこえて
  はるか西にまで響き渡ることはない

  山々がマラトンを見下ろし
  マラトンは海を見下ろす
  わたしはそこにひとり立ち
  ギリシャが自由になる日を夢見る
  ペルシャ人たちに支配されたまま
  いつまでも奴隷ではいられない

  かつてギリシャの王が岩山に座し
  サラミスの島を眺めやったとき
  海には何千という船がもやい
  国々から集められた男たちがいた
  日が昇ると王はそれらを数えたものだ
  だが日が沈んだ後 彼らはどこへ?

  あのギリシャの栄光はどこへいった?
  この静まり返った汀に
  英雄の歌はもう聞こえない
  英雄の胸はもうときめかない
  崇高な音を響かす竪琴が
  清らかな手で奏でられることもない

  民族の誇りが失われ
  くびきにつながれたままで
  祖国の恥を受け止めるのはつらい
  涙にくれた顔で
  詩人は何を歌えばよいのだ?
  赤面の歌か それとも涙の歌か?

  栄光の日々を惜しみ赤面するだけなのか?
  父祖たちは血を流したというのに
  大地よ!汝の胸のうちから
  スパルタの死者たちを蘇らせよ!
  三百の勇者のうち三人だけでよい
  彼らをして新たなテルモピレーを創建せしめよ!

  それでも黙すのか 黙し続けるのか?
  いや 死者たちの声が
  はるかな瀑音のようにとどろき
  そして答える「生けるものよ!
  一人でも立ち上がれ、われらも続く」と
  黙していたのは生者なのだ

  無駄だ 無駄だと 別の声がいう
  杯にサモズの酒をなみなみと注げ!
  戦いはトルコ人たちにまかせ
  キオスの葡萄の血を流せ!
  聞け この卑劣な呼びかけに
  バッカスの徒がなんと答えたかを!

  お前たちはまだピュロスの踊りを覚えている
  あのピュロスの軍勢はどこへ消えた?
  ピュロスが残した教訓のうち
  尊く男らしいものを忘れたのか?
  お前たちはカドモスから文字を授かった
  それは奴隷が使うべき文字ではないのだ

  杯にサモスの酒をなみなみと注げ!
  こんなことを考えるのはやめよう!
  サモスの酒はアナクレオンの歌を崇高にし
  アナクレオンは僭主ポリクラテスに仕えた
  だが我らの主人たちは
  みなギリシャの人々だった

  ケルソネスの僭主は
  自由を愛する勇敢な戦士
  その名をミルティアデスといった
  おお 我らの時代にも
  かかる僭主の出現せんことを!
  その鎖でギリシャを一つに束ねて欲しい

  杯にサモスの酒をなみなみと注げ!
  スーリの岩山 パルガの浜辺に
  ドーリアの母たちが産んだ
  血筋の痕跡は残っている
  そこにはヘラクレスの落胤たる
  種もまたまかれているのだ

  西方のフランク人に自由をゆだねるな
  彼らの王は取引を業とする
  希望はただ一つ
  自国の剣と軍隊に存する
  トルコの力とラテンの狡猾に
  汝の楯を破らせるな

  杯にサモスの酒をなみなみと注げ!
  我が娘たちは木陰に踊る
  その眼を黒く輝かせながら
  だが彼女らの瞳を見るとき
  その胸が養うものが奴隷だと思うと
  わたしの目は涙で掻き曇るのだ

  スニオンの大理石の崖の上に立つと
  そこには波とわたし以外に
  ギリシャのため息を聞くものはいない
  ここで白鳥のように歌いながら死のう
  奴隷の国はわたしのいるところではない
  サモスの酒を汲んだ杯もろとも身を投げよう!


バイロンは最初のヨーロッパ周遊でギリシャを訪れ、土地の澄んだ明るさと住民の朴訥さに深い感銘を受けた。しかしそのギリシャは政治的には、オスマン・トルコによって支配され、古代ギリシャの輝かしい栄光を失っていた。

バイロンは晩年にギリシャの独立運動に深くかかわるようになり、ついにはギリシャの地で死ぬのであるが、作品の中でもギリシャをテーマにしたものを残している。

この詩は1816年に書いたもので、後に「ドン・ジュアン」の中に挿入された。ギリシャ人に対する独立への呼びかけである。








The Isles of Greece - Lord Byron

  THE isles of Greece! the isles of Greece!
  Where burning Sappho loved and sung,
  Where grew the arts of war and peace,---
  Where Delos rose and Phoebus sprung!
  Eternal summer gilds them yet,
  But all, except their sun, is set.

  The Scian and the Teian muse,
  The hero's harp, the lover's lute,
  Have found the fame your shores refuse;
  Their place of birth alone is mute
  To sounds which echo further west
  Than your sires' "Islands of the Blest."

  The mountains look on Marathon---
  And Marathon looks on the sea;
  And musing there an hour alone,
  I dream'd that Greece might yet be free
  For, standing on the Persians' grave,
  I could not deem myself a slave.

  A king sat on the rocky brow
  Which looks on sea-born Salamis;
  And ships, by thousands, lay below,
  And men in nations;---all were his!
  He counted them at break of day---
  And when the sun set, where were they?

  And where are they? and where art thou,
  My country? On thy voiceless shore
  The heroic lay is tuneless now---
  The heroic bosom beats no more!
  And must thy lyre, so long divine,
  Degenerate into hands like mine?

  'Tis something, in the dearth of fame,
  Though link'd among a fetter'd race,
  To feel at least a patriot's shame,
  Even as I sing, suffuse my face;
  For what is left the poet here?
  For Greeks a blush---for Greece a tear.

  Must we but weep o'er days more blest?
  Must we but blush?---Our fathers bled.
  Earth! render back from out thy breast
  A remnant of our Spartan dead!
  Of the three hundred grant but three,
  To make a new Thermopylae.

  What, silent still, and silent all?
  Ah! no; the voices of the dead
  Sound like a distant torrent's fall,
  And answer, "Let one living head,
  But one arise,---we come, we come!"
  'Tis but the living who are dumb.

  In vain---in vain: strike other chords;
  Fill high the cup of Samian wine!
  Leave battles to the Turkish hordes,
  And shed the blood of Scio's vine!
  Hark! rising to the ignoble call---
  How answers each bold bacchanal!

  You have the Pyrrhic dance as yet,
  Where is the Pyrrhic phalanx gone?
  Of two such lessons, why forget
  The nobler and the manlier one?
  You have the letters Cadmus gave---
  Think ye he meant them for a slave?

  Fill high the bowl with Samian wine!
  We will not think of themes like these!
  It made Anacreon's song divine;
  He served---but served Polycrates---
  A tyrant; but our masters then
  Were still, at least, our countrymen.

  The tyrant of the Chersonese
  Was freedom's best and bravest friend;
  That tyrant was Miltiades!
  Oh! that the present hour would lend
  Another despot of the kind!
  Such chains as his were sure to bind.

  Fill high the bowl with Samian wine!
  On Suli's rock, and Parga's shore,
  Exists the remnant of a line
  Such as the Doric mothers bore;
  And there, perhaps, some seed is sown,
  The Heracleidan blood might own.

  Trust not for freedom to the Franks---
  They have a king who buys and sells:
  In native swords and native ranks,
  The only hope of courage dwells:
  But Turkish force and Latin fraud
  Would break your shield, however broad.

  Fill high the bowl with Samian wine!
  Our virgins dance beneath the shade---
  I see their glorious black eyes shine;
  But, gazing on each glowing maid,
  My own the burning tear-drop laves,
  To think such breasts must suckle slaves.

  Place me on Sunium's marble steep---
  Where nothing, save the waves and I,
  May hear our mutual murmurs sweep:
  There, swan-like, let me sing and die;
  A land of slaves shall ne'er be mine---
  Dash down yon cup of Samian wine!






前へHOMEバイロン次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである