English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

誰がキーツを殺したか Who killed John Keats


  誰がキーツを殺したか?
  自分だと クォータリーがいう
  手荒に 容赦なく
  見事な手柄ぶりだったと

  誰が矢を放ったか?
  詩人の番人ミルマンさ
  奴は人殺しが大好きだ
  サウジーも バーローも


1821年にジョン・キーツが25歳の若さで死ぬと、友人のシェリーは挽歌「アドネイス」を書いてキーツの死を悼んだ。バイロンもシェリーほど激しくはないが、やはり一遍の詩を書いた。バイロンはキーツとは余り深い交友はなかったが、その才能を高く評価していたようである。

キーツは宿病の結核がもとで死んだのだが、友人たちの間では、クォータリーから受けたひどい攻撃にキーツが傷つき、それがもとで死んだのだという伝説がいきわたっていた。バイロンのこの詩は、それを踏まえている。

クォータリーはトーリーの雑誌で、リー・ハントやその周辺の詩人たちを目の敵にしていた。キーツははじめ小物として黙殺されていたが、エンディミオンを発表したのがきっかけで、激しい攻撃の対象になった。それが余りにもえげつないものだったので、キーツはすっかり傷ついてしまったのである。








Who killed John Keats? - Byron

  Who killed John Keats?
  I, says the Quarterly
  So savage & Tartarly
  'Twas one of my feats ?

  Who shot the arrow?
  The poet-priest Milman
  (So ready to kill man)
  Or Southey or Barrow. ?






前へ|HOMEバイロン次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである