English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

36歳の誕生日 My Thirty-Sixth Year


  今やもう心をときめかす年ではない
  人の心をときめかすこともない
  だが愛されることはないにせよ
  人を愛し続けたい

  枯葉に包まれた人生のたそがれ時
  花々も愛の果実も落ちつくし
  寄生虫のような愁いのみが
  我が唯一の伴侶

  我が胸を焦がす火は細々として
  海上に浮かぶ火山に似ている
  勢いよく燃え上がることはなく
  葬送の薪のようだ

  希望や恐怖や熱狂的な感情
  苦痛や愛の力などを
  わたしはもう分かちえない
  ただ鎖を身にまとうだけ

  こんな思いをぶちまけるのはよそう
  少なくとも今 この土地においては
  ここはギリシャの栄光が
  息づいているところだから

  わたしのまわりには剣や旗や戦場が
  栄光のギリシャが広がっている
  勇敢なあのスパルタ人でさえ
  これ以上に自由ではなかった

  目覚めよ ギリシャとともに
  我が心よ目覚めよ!おまえの中にも
  同じ血が流れているのだ
  悠久のときに思いを馳せよ!

  壮年など意気地ない年だ
  情動が甦り疼いても捨て置け
  壮年には美しさなどもはや
  似つかわしくもない

  過ぎ去った青春を惜しむよりも
  この名誉の死の土地で
  戦場の露となることを思え
  いざ 潔く戦え

  おまえに相応しい戦士の墓は
  求めずして得られるものだ
  そこにお前の身を横たえ
  永遠の安息を手にせよ


バイロンは、1824年1月22日、36歳の誕生日をギリシャの地で迎えた。前年の12月にミソロンギにやってきたバイロンは、ギリシャの艦隊を編成して、トルコとの戦闘に備えていた。この詩はそうした情勢の中で、ギリシャ独立への気負いを歌ったものだ。

36歳という年齢は、バイロンにとっては人生の晩年に当たっていたのだろう。彼は若い頃の無軌道な情熱に決別を告げ、誇り高い事業に邁進しようとする気概に燃えていた。この詩には、そうした気概が読み取れる。

もっとも現実のバイロンは、この詩を書いたすぐ後に熱病にかかり、4月19日に死んだのだった。








On This Day I Complete My Thirty-Sixth Year

  'T is time this heart should be unmoved,
  Since others it has ceased to move:
  Yet, though I cannot be beloved,
  Still let me love!

  My days are in the yellow leaf;
   The flowers and fruits of love are gone;
  The worm, the cancer, and the grief
   Are mine alone!

  The fire that on my bosom preys
   Is lone as some Volcanic isle;
  No torch is kindled at its blaze -
   A funeral pile.

  The hope, the fear, the jealous care,
   The exalted portion of the pain
  And power of love, I cannot share,
   But wear the chain.

  But ‘t is not ‘thus’ - and ‘t is not ‘here’ -
   Such thoughts should shake my soul, not ‘now’
  Where Glory decks the hero’s bier,
   Or binds his brow.

  The Sword, the Banner, and the Field,
  Glory and Greece around me see!
  The Spartan, born upon his shield,
   Was not more free.

  Awake! (not Greece - she ‘is’ awake!)
   Awake my spirit! Think through ‘whom’
  The life-blood tracks its parent lake,
   And then strike home!

  Tread those reviving passions down,
  Unworthy manhood! - unto thee
  Indifferent should the smile and frown
   Of Beauty be.

  If thou regret’st thy youth, why live?
   The land of honorable death
  Is here: - up to the Field, and give
   Away the breath!

  Seek out - less often sought than found -
   A soldier’s grave, for thee the best;
  Then look around, and choose thy ground,
  And take thy Rest.






前へHOMEバイロン







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである