English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ルーシーの歌:ウィリアム・ワーズワース


ウィリアム・ワーズワースの詩「ルーシーの歌」 She Dwelt among the Untrodden Ways を読む。(壺齋散人訳)

  人里はなれて静かに暮らす
  ダウの泉の傍らで
  称賛されることもなく
  愛されることもなく

  岩畳に咲いた一輪のスミレ
  人の目をはばかるように
  星のような清楚な姿は
  ひそかな輝きを放っていた

  人知れず生きたルーシーは
  誰も知らないままに死んだ
  彼女は墓の中で眠る
  私にとってかけがいのない人


この詩は、Lucy Poem 5編の中でもっとも有名なものだ。他の4篇とともにドイツ旅行中にかかれ、Lyrical Ballads の再版の中で発表された。

先の歌とは別の視点から、ルーシーの孤独な生き方と、そのひっそりとした死を歌っている。ルーシーは詩人のほかには誰からも注目されたことがないが、その美しさはスミレのようでもあり、また星のように輝いてもいたと歌う。

花や星に自然の美しさとともに、人間の美しさを喩えるのはワーズワースの得意とするところだったようだ。







She Dwelt among the Untrodden Ways

  She dwelt among the untrodden ways
   Beside the springs of Dove,
  A Maid whom there were none to praise
   And very few to love:

  A violet by a mossy stone
   Half hidden from the eye!
  - Fair as a star, when only one
   Is shining in the sky.

  She lived unknown, and few could know
   When Lucy ceased to be;
  But she is in her grave, and, oh,
   The difference to me!





前へHOMEワーズワース次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである