English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ウィリアム・ワーズワース:詩の翻訳と解説



ウィリアム・ワーズワース William Wordsworth(1770-1850) はイギリス・ロマンティシズムを代表する詩人であり、サミュエル・コールリッジと共作で1798年に発表した詩集「リリカル・バラッズ」Lyrical Ballads はロマン主義運動の先鞭を果たした。

ワーズワースはまた、イギリスが生んだ偉大な自然詩人である。自然を唯一の友として歌い続けたものは、彼のほかにはいないといえるほどだ。彼にとっては人間もまた自然の一部であり、自然のざわめきや人間の感情が一体となって、独特の詩的世界を作り上げた。


ワーズワースはサウジーに続いて英国の「桂冠詩人」の名誉を受け、80年の長い生涯を終えた。



早春の賦 Written in Early Spring
ルーシーを悼む
ルーシーの歌 Lucy Song
カッコウに寄す To the Cuckoo
虹 My Heart Leaps Up
ウェストミンスター橋の上で Upon Westminster Bridge
ロンドンLONDON
麦を刈る乙女 The Solitary Reaper
水仙 The Daffodils
浮世のこと World is too much with us
雲雀に寄す To the Skylark

ワーズワースの生涯と作品
詩集・緋色の愛



HOME次へ








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである