English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ルーシーを悼む:ウィリアム・ワーズワース


ウィリアム・ワーズワースの詩「ルーシーを悼む」 Strange Fits of Passion を読む。(壺齋散人訳)

  私が覚えた奇妙な感情を
  ここにあえて語ろうと思う
  今は亡き人の耳に向けて
  かつて私の身に起きたことを

  その人は6月のバラのように
  日々素敵な顔を見せてくれた
  その人の住む小屋に向かって
  ある夕べ私は出かけた

  広がりゆく牧場の果てに
  沈み行く月を私は見つめた
  私の馬はペースを早め
  なつかしい小道を駆け抜けた

  ルーシーの果樹園に近づくと
  小高い丘を登っていった
  すると彼女の小屋にかかった月が
  目の前に近づいてきた

  なんという夢を見たのだろう
  やさしい自然の計らいだろうか!
  夢の中の私の目は
  沈み行く月を見つめていた

  馬は蹴爪をけって前へと進み
  決してとどまることを知らぬ
  すると小屋の屋根の背後へと
  明るい月は沈んでいった

  人を愛するものの頭には
  なんという悲しい思いが宿るものか
  ああ!自分に向けて私は叫んだ
  ルーシーが死なねばならないなんて!


ワーズワースには Lucy Poem と称される一連の歌がある。いづれも、コールリッジらと過ごしたドイツ旅行の最中に書かれたもので、Lyrical Ballads の再版に収められた。

ルーシーが実在した女性なのか、それともワーズワースの創造した女性なのか、それはよくわかっていない。同じような名の詩に Lucy Gray があるが、それとこの詩の女性とは関係がないようだ。

この詩はルーシーという女性の死を暗示したものだ。ルーシーの住む小屋に向かって近づいていく詩人と、沈み込んでいく月との対比が、ドラマチックな雰囲気をかもし出している。詩人がやっと小屋にたどり着いたとき、月は小屋の背後に沈んで見えなくなる。そこに求める女性の死を暗示させている。

短いながら、劇的な展開を含んだ作品である。







Strange Fits of Passion

  Strange fits of passion have I known:
  And I will dare to tell,
  But in the Lover's ear alone,
  What once to me befell.

  When she I loved looked every day
  Fresh as a rose in June,
  I to her cottage bent my way,
  Beneath an evening-moon.

  Upon the moon I fixed my eye,
  All over the wide lea;
  With quickening pace my horse drew nigh
  Those paths so dear to me.

  And now we reached the orchard-plot;
  And, as we climbed the hill,
  The sinking moon to Lucy's cot
  Came near, and nearer still.

  In one of those sweet dreams I slept,
  Kind of Nature's gentlest boon!
  And all the while my eyes I kept
  On the descending moon.

  My horse moved on; hoof after hoof
  He raised, and never stopped:
  When down behind the cottage roof,
  At once, the bright moon dropped.

  What fond and wayward thoughts will slide
  Into a Lover's head! 
  'O mercy!' to myself I cried,
'  If Lucy should be dead!'





前へHOMEワーズワース次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである