English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ひばりに寄す To a Skylark


ひばりに寄す:パーシー・シェリー

  ごきげんよう 陽気な妖精
  お前が鳥だとは思えない
  はるか空の彼方から
  心を込めて注ぎかける
  思いがけないメロディの数々

  高くさらに高みへと
  お前は地上より飛び上がる
  一丸の火の玉のように
  紺碧の空を飛び回り
  歌いつつ舞い 舞いつつ歌う

  光り輝く雲の陰に
  沈み行く太陽からは
  黄金の稲妻が光る
  お前は稲妻と競争する
  形なき純粋な喜びのように

  お前の飛ぶあたりには
  紫色の雲が溶け込み
  一片の星のようだ
  広々とした光の中に
  姿を見せずにさえずる響きよ

  銀色の天空を行く
  矢のように鋭く
  夜明けの光の中に
  溶け込んでゆく影よ
  いつまでもお前の声が聞こえる

  地上も空中も
  お前の声で満たされる
  夜がやって来るや
  さびしい雲の陰から
  月が現れ雨のように光を注ぐ

  お前がはたして何者なのか
  わたしは知ることがない
  七色の虹でさえも
  お前のように輝きはしない
  お前からはメロディが雨のように注ぎ出る

  それはひとりの隠れた詩人が
  思想の光の中で
  愛の賛歌を歌いつつ
  この世界に同情の
  広がり行くのを祈るかのようだ

  また高貴な乙女が
  宮殿の塔の中で
  ひそかな時間を盗み
  満たされぬ愛を
  音楽で癒そうとするかのようだ

  また黄金のツチボタルが
  夜露に濡れた谷間で
  自分の姿は見せぬまま
  花々や草の合間に
  透明な光を振りまくかのようだ

  また緑の葉陰に
  包まれたバラが
  暖かい風に折られて
  あたりに匂いを振りまき
  その甘さで羽虫たちをむせ返らせるようだ

  草原に降り注ぐ
  音の洪水
  雨に目覚めた花々をはじめ
  陽気で明るく若々しい
  どんなものもお前の音楽には及ばない

  教えておくれ声の主よ
  お前が何を思っているかを
  こんなにも清らかな歓喜にみちた
  愛とワインの讃歌を
  わたしはいままで聞いたことがない

  結婚を祝うコーラスも
  勝利を祝う歌も
  お前の歌声に比べれば
  空しい響きに聞こえる
  どこか満たされぬものを感ずるのだ

  どんなものが お前の
  幸福な調べをかなでさせる?
  野原か 波か 山々か
  それとも空や草原か
  同胞愛か 痛みを知らぬ純真さか

  お前の歓喜の叫びには
  憂愁の付け入る余地はない
  お前の声は如何なる人も
  いらいらさせたりはしない
  お前は愛する そして愛に飽きることはない

  寝ていても覚めていても
  お前は死というものについて
  我々人間よりも深く
  考えているに違いない
  でなければお前の歌声がこんなにも透明であるはずがない

  前をみたり後ろを見たりして
  我々はないものを探し求める
  心から笑っているときも
  我々は不安から逃れられない
  どんなにやさしい歌の中にも悲しい思いが潜んでいる

  我々人間は侮ったり
  憎んだり 自慢したり 恐れたりし
  素直に泣くようには
  生まれついてないから
  お前が喜ぶようには喜ぶことが出来ないのだ

  愉快で楽しい音楽の
  あらゆる韻律にまして
  本の中に書かれている
  あらゆる知恵にまして
  お前は詩人の手本になる 空高く舞い飛ぶものよ!

  お前が知っている喜びの
  半分でいいから教えておくれ
  そんなに狂おしいハーモニーが
  わたしの口から流れ出せば
  世界中が聞きほれるだろう わたしがお前に聞きほれるように


「ひばりに寄す」は、1820年の6月、リヴォルノで書かれた。メアリーとともに小道を散策しているときに、ひばりの声が空高く響き渡り、蛍が飛び回るのを見て、インスピレーションを受けたらしい。完成するとすぐにイギリスに送り、「プロメテウス」詩集の中に収められた。

この詩の中でシェリーは、ひばりを見えないものとして、もっぱらその歌声を歌っている。ワーズワースが「カッコウに寄す」で試みたのと同じ方法である。

詩の前半では、そんなひばりの声をたたえ、後半ではその声と詩人の歌声とを引き比べている。詩人がひばりの声に落ち着きを感じえないのは、人間としての詩人の中に純真さに欠けた部分があるからだ、シェリーはそういって、自分もまたひばりのように純真でありたいと、願っている。








To a Skylark -Percy Bysshe Shelley

  HAIL to thee, blithe spirit!
  Bird thou never wert?
  That from heaven or near it
  Pourest thy full heart
  In profuse strains of unpremeditated art.

  Higher still and higher
  From the earth thou springest,
  Like a cloud of fire;
  The blue deep thou wingest,
  And singing still dost soar, and soaring ever singest.

  In the golden light'ning
  Of the sunken sun,
  O'er which clouds are bright'ning,
  Thou dost float and run,
  Like an unbodied joy whose race is just begun.

  The pale purple even
  Melts around thy flight;
  Like a star of heaven,
  In the broad daylight
  Thou art unseen, but yet I hear thy shrill delight?

  Keen as are the arrows
  Of that silver sphere
  Whose intense lamp narrows
  In the white dawn clear,
  Until we hardly see, we feel that it is there.

  All the earth and air
  With thy voice is loud,
  As when night is bare,
  From one lonely cloud
  The moon rains out her beams, and heaven is overflow'd.

  What thou art we know not;
  What is most like thee?
  From rainbow clouds there flow not
  Drops so bright to see,
  As from thy presence showers a rain of melody:?

  Like a poet hidden
  In the light of thought,
  Singing hymns unbidden,
  Till the world is wrought
  To sympathy with hopes and fears it heeded not:

  Like a high-born maiden
  In a palace tower,
  Soothing her love-laden
  Soul in secret hour
  With music sweet as love, which overflows her bower:

  Like a glow-worm golden
  In a dell of dew,
  Scattering unbeholden
  Its aerial hue
  Among the flowers and grass which screen it from the view:

  Like a rose embowered
  In its own green leaves,
  By warm winds deflowered,
  Till the scent it gives
  Makes faint with too much sweet these heavy-winged thieves:

  Sound of vernal showers
  On the twinkling grass,
  Rain-awakended flowers --
  All that ever was
  Joyous and clear and fresh -- thy music doth surpass.

  Teach us, sprite or bird,
  What sweet thoughts are thine:
  I have never heard
  Praise of love or wine
  That panted forth a flood of rapture so divine.

  Chorus hymeneal,
  Or triumphal chant,
  Matched with thine would be all
  But an empty vaunt --
  A thing wherein we feel there is some hidden want.

  What objects are the fountains
  Of thy happy strain?
  What fields, or waves, or mountains?
  What shapes of sky or plain?
  What love of thine own kind? what ignorance of pain?

  With thy clear keen joyance
  Languor cannot be:
  Shadow of annoyance
  Never came near thee:
  Thou lovest, but ne'er knew love's sad satiety.

  Waking or asleep,
  Thou of death must deem
  Things more true and deep
  Than we mortals dream,
  Or how could thy notes flow in such a crystal stream?

  We look before and after,
  And pine for what is not:
  Our sincerest laughter
  With some pain is fraught;
  Our sweetest songs are those that tell of saddest thought.

  Yet, if we could scorn
  Hate and pride and fear,
  If we were things born
  Not to shed a tear,
  I know not how thy joy we ever should come near.

  Better than all measures
  Of delightful sound,
  Better than all treasures
  That in books are found,
  Thy skill to poet were, thou scorner of the ground!

  Teach me half the gladness
  That thy brain must know;
  Such harmonious madness
  From my lips would flow,
  The world should listen then, as I am listening now





前へHOMEシェリー次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである