English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

雲 The Cloud


雲:パーシー・シェリー

  海や川の上で雲となったわたしは
  乾いた花々に潤いをもたらす
  白昼夢を見ながら眠る
  木の葉をわたしは影で包む
  わたしの翼からはしずくが落ち
  蕾たちをひとつひとつ潤してあげる
  母なる草は日の光に踊り
  その胸に抱かれてゆれる蕾たち
  わたしは霰となって地上を打ち
  草原を真っ白に染め上げる
  そして再び雨雲に変わっては
  雷となって鳴動するのだ

  眼下の山々に雪を振り掛けると
  松の木は仰天してうなり声をあげる
  この雪を枕に 一晩中
  疾風に抱かれながら眠ろう
  天蓋の頂には 我が水先案内
  稲妻が厳かにたたずみ
  下のほうの洞窟では雷鳴が
  ごろごろとうごめいている
  大地や海をゆったりと越えながら
  稲妻がわたしを導いていく
  紫の海に潜む守護神の
  愛の力に引かれながら
  小川や岩や丘を越えて
  湖や草原を越えて
  稲妻が通るところ 山にも川にも
  光の跡を残していく
  わたしは微笑する青空に横たわり
  稲妻は消えて雨となる

  天空の目をした元気な朝日が
  輝く光の翼を広げて
  ちぎれた雲の上にはねると
  明けの明星は光を失う
  岩山の絶壁の角が
  揺れる大地とともにふるえ
  そこに一羽の鷲が羽を休める
  金色の朝日に包まれながら
  そして夕日が 灼熱に染まった海の
  休息と愛とに迎えられ
  夕闇の深紅の帳が
  空の高みから下ろされるとき
  わたしも翼をたたんで休息しよう
  鳩のひなのように静かに

  白い光に包まれた天球の乙女
  ひとびとはそれを月と呼ぶが
  羊毛のようなわたしの上でほのかに光り
  真夜中のそよ風に吹かれている
  彼女の足の歩みは誰にも見えず
  天使のみが足音を聞く
  彼女に踏まれてわたしの一部に穴があくと
  その向こうから星たちが姿を現す
  黄色い蜜蜂の群れのように
  星たちが騒ぐのを見てわたしは笑う
  そして開いた穴をもっと広げて
  小川や 湖や 海の上に
  まるで空の一部が剥がれ落ちたように
  月と星たちとを映し出してあげるのだ

  太陽のために燃えるような雲で王冠を作ろう
  月のためには千切れ雲で真珠の髪飾りを作ろう
  火山はかすみ 星たちは揺らめき
  一陣の旋風がわたしの旗を巻き上げると
  逆巻く海の上を 岬から岬へ
  橋のような形になって
  陽光に逆らい 山々を柱とし
  わたしは屋根のように覆いかぶさる
  わたしが行進する凱旋門には
  嵐と 火と 雪が飛び交い
  わたしとつながった天空の霊気が
  色とりどりの虹を織り出す
  天上では太陽がやわらかい光を発し
  地上では大地が高笑いする

  わたしは大地と海の娘
  天空の子どもだ
  わたしは海と陸の裂け目を通り
  姿は変えるが 滅びることはない
  雨がやんだ後に
  天空が曇りなく晴れ渡り
  風と日の光が凸面の輝きをもって
  蒼穹を築き上げるときにも
  わたしは静かに笑いながら
  子どもが子宮から 幽霊が墓場から出てくるように
  雨のたまった谷間から湧き上がり
  ふたたび世界を覆うのだ


「雲」は1820年の初頭にかかれ、その年に出版された「解き放たれたプロメテウス」の中に、付録のような形で発表された。「プロメテウス」の詩のイメージとも調和したすがすがしい作品である。


前年までのシェリーは、祖国の政治情勢に敏感に反応したこともあって、人間の抑圧と解放を歌った反体制的な詩を多く作っていたが、この年には、自然をおおらかに歌った叙情的な作品を多く書いている。「雲」は、その前哨となる作品だ。

シェリーはこの詩を書くにあたって、雲を科学的に分析した書物を読み、その発生のメカニズムや様々な形態について研究したという。天上の稲妻と地上の雷鳴、太陽を覆う火のような雲、月を飾る真珠のような雲、といった様々な表現の仕方に、シェリーの観察眼がよく現れているといえる。








The Cloud - Percy B Shelley

  I bring fresh showers for the thirsting flowers,
    From the seas and the streams;
  I bear light shade for the leaves when laid
    In their noonday dreams.
  From my wings are shaken the dews that waken
    The sweet buds every one,
  When rocked to rest on their mother's breast,
    As she dances about the sun.
  I wield the flail of the lashing hail,
    And whiten the green plains under,
  And then again I dissolve it in rain,
    And laugh as I pass in thunder.

  I sift the snow on the mountains below,
   And their great pines groan aghast;
  And all the night 'tis my pillow white,
    While I sleep in the arms of the blast.
  Sublime on the towers of my skyey bowers,
   Lightning, my pilot, sits;
  In a cavern under is fettered the thunder,
   It struggles and howls at fits;
  Over earth and ocean, with gentle motion,
   This pilot is guiding me,
  Lured by the love of the genii that move
   In the depths of the purple sea;
  Over the rills, and the crags, and the hills,
  Over the lakes and the plains,
  Wherever he dream, under mountain or stream,
   The Spirit he loves remains;
  And I all the while bask in Heaven's blue smile,
   Whilst he is dissolving in rains.

  The sanguine Sunrise, with his meteor eyes,
  And his burning plumes outspread,
  Leaps on the back of my sailing rack,
   When the morning star shines dead;
  As on the jag of a mountain crag,
   Which an earthquake rocks and swings,
  An eagle alit one moment may sit
   In the light of its golden wings.
  And when Sunset may breathe, from the lit sea beneath,
   Its ardors of rest and of love,
  And the crimson pall of eve may fall
   From the depth of Heaven above,
  With wings folded I rest, on mine aery nest,
    As still as a brooding dove.

  That orbed maiden with white fire laden,
   Whom mortals call the Moon,
  Glides glimmering o'er my fleece-like floor,
    By the midnight breezes strewn;
  And wherever the beat of her unseen feet,
    Which only the angels hear,
  May have broken the woof of my tent's thin roof,
   The stars peep behind her and peer;
  And I laugh to see them whirl and flee,
    Like a swarm of golden bees,
  When I widen the rent in my wind-built tent,
    Till the calm rivers, lakes, and seas,
  Like strips of the sky fallen through me on high,
   Are each paved with the moon and these.

  I bind the Sun's throne with a burning zone,
   And the Moon's with a girdle of pearl;
  The volcanoes are dim, and the stars reel and swim
  When the whirlwinds my banner unfurl.
  From cape to cape, with a bridge-like shape,
   Over a torrent sea,
  Sunbeam-proof, I hang like a roof,--
    The mountains its columns be.
  The triumphal arch through which I march
   With hurricane, fire, and snow,
  When the Powers of the air are chained to my chair,
   Is the million-colored bow;
  The sphere-fire above its soft colors wove,
    While the moist Earth was laughing below.

  I am the daughter of Earth and Water,
    And the nursling of the Sky;
  I pass through the pores of the ocean and shores;
    I change, but I cannot die.
  For after the rain when with never a stain
   The pavilion of Heaven is bare,
  And the winds and sunbeams with their convex gleams
  Build up the blue dome of air,
  I silently laugh at my own cenotaph,
   And out of the caverns of rain,
  Like a child from the womb, like a ghost from the tomb,
    I arise and unbuild it again.





前へHOMEシェリー次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである