English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


イギリスの男たちへ To the Men of England


イギリスの男たちへ

  イギリスの男たちよ 何ゆえに
  諸君の抑圧者のために耕すのだ
  何のゆえに手をかけて
  抑圧者の衣装を仕立てるのだ

  何ゆえ恩知らずの怠け者どもを
  食わせたり着せたり守ったり
  揺りかごから墓場まで世話を焼き
  諸君の血を吸わせるのだ

  イギリスの働き蜂よ 諸君は何ゆえ
  武器や鎖やむちを作るのだ
  仮借ないごろつきどもがそれを使って
  諸君を駆り立てるだけだというのに

  諸君には安楽や平和があるだろうか
  暖かい家や優しい愛があるだろうか
  苦痛や恐れを代償に諸君が買うものは
  あまりにも高価とはいえないだろうか

  諸君がまいた種を他人が刈り取る
  諸君が見つけた宝を他人が掠める
  諸君がつむいだ衣を他人が着る
  諸君が鋳造した武器を他人が使う

  まいた種を他人に刈り取らすな
  見つけた宝を他人に掠められるな
  つむいだ衣を他人に着さすな
  鋳造した武器を他人に使わすな

  身を縮めて洞穴にもぐりこめ
  諸君の家には他人が住んでいる
  何ゆえ諸君の作った鎖が振り回され
  諸君の鍛えた剣が諸君に向けられるのだ

  鋤や鍬 スコップでもって
  自分が入る墓穴を掘れ
  そして自分が着る死装束を織れ
  イギリスが墓場となるその時のために


シェリーがこの詩を書いた1819年、イギリスでは反動的な政府と勃興しつつある労働者階級との間で対立が深まっていた。8月にはマンチェスターで開かれた集会に10万人近い労働者が集まったが、それが反乱に発展することを恐れた政府は徹底的に弾圧した。その結果おびただしい数の労働者が死んだ。歴史上「マンチェスターの虐殺」と呼ばれている。

当時ヨーロッパにあったシェリーは、祖国の動向を常に気にかけ、抑圧される労働者の状態に深い関心を抱いていた。この詩はそんな折に、「マンチェスターの虐殺」の報に接し、強い怒りを込めて書いたものと思われる。

シェリーの若年の頃からの社会主義的傾向が、これ以降、詩作のうえでも強まってくるのである。








To the Men of England - Percy Bysshe Shelley

  Men of England, wherefore plough
  For the lords who lay ye low?
  Wherefore weave with toil and care
  The rich robes your tyrants wear?

  Wherefore feed and clothe and save,
  From the cradle to the grave,
  Those ungrateful drones who would
  Drain your sweat -nay, drink your blood?

  Wherefore, Bees of England, forge
  Many a weapon, chain, and scourge,
  That these stingless drones may spoil
  The forced produce of your toil?

  Have ye leisure, comfort, calm,
  Shelter, food, love's gentle balm?
  Or what is it ye buy so dear
  With your pain and with your fear?

  The seed ye sow another reaps;
  The wealth ye find another keeps;
  The robes ye weave another wears;
  The arms ye forge another bears.

  Sow seed, -but let no tyrant reap;
  Find wealth, -let no imposter heap;
  Weave robes, -let not the idle wear;
  Forge arms, in your defence to bear.

  Shrink to your cellars, holes, and cells;
  In halls ye deck another dwells.
  Why shake the chains ye wrought? Ye see
  The steel ye tempered glance on ye.

  With plough and spade and hoe and loom,
  Trace your grave, and build your tomb,
  And weave your winding-sheet, till fair
  England be your sepulchre!





前へHOMEシェリー次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである