English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ライ麦畑を突き抜けて Comin Thro' The Rye


ロバート・バーンズの詩「ライ麦畑を突き抜けて」 Comin Thro' The Rye を読む。(壺齋散人訳)

  ジェニーはずぶぬれ
  乾かない
  コートを引きずり
  やってきた

  ライ麦畑を
  突き抜けて
  コートを引きずり
  やってきた

  女が男と
  出会ったら
  抱きしめられても
  怖がりません

  女が男と
  出会ったら
  どんなことが
  おこるでしょう

  女が男と
  出会ったら
  二人だけの
  お楽しみ


Comin Thro' The Rye は、Auld Lang Syne や A red red rose と並んで、バーンズの有名なフォークソングである。始めから今あるようなメロディに乗せて歌われたものと思われる。内容は、ライ麦畑を舞台に、若い男女の出会いを描いたものだ。日本語では「ライ麦畑で出会ったら」と訳されることが多い。

サリンジャーの小説 The Catcher in the Rye に取り上げられて、一層有名になった。小説の中では、主人公の少年が、If a body catch a body, comin’ through the rye と口すさび、それが題名にもなった。

日本ではメロディだけが一人歩きして、「故郷の空」として歌われている。








Comin Thro' The Rye. Robert Burns

  O Jenny's a' weet, poor body,
  Jenny's seldom dry:
  She draigl't a' her petticoatie,
  Comin thro' the rye!

  Comin thro' the rye, poor body,
  Comin thro' the rye,
  She draigl't a' her petticoatie,
  Comin thro' the rye!

  Gin a body meet a body
  Comin thro' the rye,
  Gin a body kiss a body,
  Need a body cry?

  Gin a body meet a body
  Comin thro' the glen,
  Gin a body kiss a body,
  Need the warld ken?

  Gin a body meet a body
  Comin thro' the grain,
  Gin a body kiss a body,
  The thing's a body's ain.





前へHOMEバーンズ次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである