English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


浮世のこと The World is too much with us


ウィリアム・ワーズワースの詩「浮世のこと」 The world is too much with usを読む。(壺齋散人訳)

  我らの頭は浮世のことでいっぱいだ
  朝から晩まで 金儲けのことばかり
  目の前の自然を見ようともしない
  そんな余裕は持てないとばかりに

  海は月を抱いて輝き
  始終うなり声をあげる風も
  いまは眠れる花のように静かなのに
  そんな眺めも眼中にない

  こんなことならいっそ自分は
  異教徒にでもなったがましだ
  そうすれば草原にひとりたたずみ
  自然をすなおに見れるだろう
  海から立ち上がるプロテウスを見たり
  トリトンのほら貝も聞こえてこよう


「浮世のこと」は1806年の作品。金儲けしか頭になく、自然の喜びに鈍感な同時代人たちを風刺したもの。前掲の「ロンドン」と共通するところがある。

プロテウスはギリシャ神話の海神、トリトンは半人半魚の神で手にほら貝を持つ。いっそ異教徒になりたいとは、ギリシャになって神話の世界に生きたいという意味か。








The world is too much with us -William Wordsworth

  THE World is too much with us; late and soon,
    Getting and spending, we lay waste our powers:
    Little we see in Nature that is ours;
  We have given our hearts away, a sordid boon!
  This Sea that bares her bosom to the moon,
    The winds that will be howling at all hours
    And are up-gather'd now like sleeping flowers,
  For this, for everything, we are out of tune;
  It moves us not.?Great God! I'd rather be
    A pagan suckled in a creed outworn,?
  So might I, standing on this pleasant lea,
    Have glimpses that would make me less forlorn;
  Have sight of Proteus rising from the sea;
    Or hear old Triton blow his wreathed horn.





前へHOMEワーズワース次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである