English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


西風のオード Ode to the West Wind


西風のオード;パーシー・シェリー

   I

  荒々しい西風 秋の息吹よ
  見えないお前に駆り立てられ枯葉が舞う
  魔法使いから逃れる亡霊のように

  黄色に 黒に 灰色に 真っ赤な色に
  染まった枯葉がおびただしく舞う 西風よ 
  お前は種を吹き飛ばして地上にばらまき

  冷たい大地のうえに横たわらせる
  墓穴の中に寝そべった遺骸のように
  だがやがてお前の妹 春の風が吹いて

  眠れる大地を呼び覚まし
  木々の蕾に生気を吹き込み
  野や山を生き生きと色づかせるだろう

  そこここに吹き荒れる野生の息吹よ
  破壊者にして守護者 聞け いざ聞け

   U

  揺らめく空中を お前の勢いに流されて
  千切れ雲が枯葉のように吹き飛んでいく
  天と海原のもつれあう枝々からは

  雨と雷光の天使たちが振り落とされる
  お前のブルーに染まったうねりにそって
  マイナデスの逆立った髪のように

  おぼろげな地平線から天頂に向けて
  近づく嵐の徴 巻き毛のような雲が
  ぐんぐんと湧き上がっていく

  死に行く年の葬送曲よ 夜は閉じられ 
  巨大な墓場のドームと化すだろう 
  お前は夜露の力を集めて天蓋を支え

  天蓋の凍った大気からは 黒い雨
  雷や雹が吹き出るだろう 聞け いざ聞け

   V

  西風よ お前は地中海を夏の眠りから目覚めさす
  その快いまどろみの中で 紺碧の海は
  バイアの入江の小さな島の傍らで

  きらめく波のうねりに揺れる
  波の底には宮殿や塔が
  緑のコケや花々に覆われ

  震えつつ揺らめき騒いでいた
  なんと甘美でそぞろな夢か
  だが今や西風よ お前の吹きすさぶ道にそって 

  アトランティックの海は逆巻き
  海底に色あせた草や木々も
  お前のうなり叫ぶ声を聞くと

  恐怖のあまり更に黒ずみ
  根こそぎにされて海にただよう 聞け いざ聞け

   W

  もしも私がお前に運ばれる枯葉であったなら
  もしも私がお前によりそう雲であったなら
  もしも私がお前の力強い鼓動をわかちあい

  のたうつ波であったならば
  おお西風よ 誰にも制御しえぬものよ
  もしも私が少年の頃のように

  お前とともに大空を駆け回ることができたならば
  私はお前よりも早く駆け巡り 他には何も見ないだろう 
  もしその夢がかなったなら こんなにも

  お前に訴えかけることはしなかったろう
  私を持ち上げてくれ 波や葉っぱや雲のように
  私は生命の茨の上に落ち 血を噴き出す

  お前のように奔放で敏捷で誇り高かった私を
  時の重みが押しつぶしたのだ

   X

  私を竪琴にして 森の如き音を発せしめよ
  木々から葉が散ろうとも気にかけるな
  音は力強いハーモニーをかなで

  悲しくも甘美で深い秋の調べを歌う
  西風よ 猛々しい妖精よ
  私に乗り移り 私を力強い勇者たらしめよ

  枯葉のような私の思いを世界にばらまき
  世界を生き生きと生き返らせよ
  私の言葉に命を吹き込み

  不滅の火から飛び散る火花のような
  私の言葉を世界中にばら撒いてくれ
  眠った大地に向けて 私が発する音になってくれ

  西風よ 予言のラッパを吹き鳴らせ 
  冬が来たなら 春は間近いと


「西風のオード」はシェリーの詩の中でももっとも有名な作品であり、多くの人々、とくに社会を変革しようすする意気に燃えた詩人や作家たちを鼓舞し続けてきた。

この詩は1819年、フィレンツェ郊外のアルノのふもとで書かれた。ほぼ同時期にシェリーは生涯の代表作「解き放たれたプロメテウス」も完成させている。

この詩は様々な解釈を許す懐の深い作品である。シェリー自身は、アルノの麓でいつものように詩を書いていると、突然風が吹いてきて空が曇り、雷が落ちてきたことがあり、そのときの経験がこの詩を思いつかせたといっているように、シェリーの個人的な精神の高ぶりを歌ったものだとする説もある。

だがこの詩を書いた1819年には、シェリーはイギリスの労働者弾圧を糾弾する詩をいくつか書いており、それらとの関連も見逃せない。そうした見方からすれば、これは革命歌だととらえることもできる。

西風は抑圧者の惰眠をさます嵐であり、虐げられたものたちを鼓舞する愛の風である。そして予言のラッパとは、革命の合図の音ということになる。

革命詩人といわれるシェリーには、このような見方をするほうが適切かもしれない。なお日本でも古くから親しまれ、最後の一句は「冬来りなば、春遠からじ」と訳されて、人口に膾炙してきた。








Ode to the West Wind by Percy Bysshe Shelley

    I

  O wild West Wind, thou breath of Autumn's being,
  Thou, from whose unseen presence the leaves dead
  Are driven, like ghosts from an enchanter fleeing,

  Yellow, and black, and pale, and hectic red,
  Pestilence-stricken multitudes: O thou,
  Who chariotest to their dark wintry bed

  The winged seeds, where they lie cold and low,
  Each like a corpse within its grave, until
  Thine azure sister of the Spring shall blow

  Her clarion o'er the dreaming earth, and fill
  (Driving sweet buds like flocks to feed in air)
  With living hues and odors plain and hill:

  Wild Spirit, which art moving everywhere;
  Destroyer and preserver; hear, oh, hear!

    II

  Thou on whose stream, 'mid the steep sky's commotion,
  Loose clouds like earth's decaying leaves are shed,
  Shook from the tangled boughs of Heaven and Ocean,

  Angels of rain and lightning: there are spread
  On the blue surface of thine aery surge,
  Like the bright hair uplifted from the head

  Of some fierce Maenad, even from the dim verge
  Of the horizon to the zenith's height,
  The locks of the approaching storm. Thou dirge

  Of the dying year, to which this closing night
  Will be the dome of a vast sepulchre,
  Vaulted with all thy congregated might

  Of vapors, from whose solid atmosphere
  Black rain, and fire, and hail will burst: oh, hear!

    III

  Thou who didst waken from his summer dreams
  The blue Mediterranean, where he lay,
  Lulled by the coil of his crystalline streams,

  Beside a pumice isle in Baiae's bay,
  And saw in sleep old palaces and towers
  Quivering within the wave's intenser day,

  All overgrown with azure moss and flowers
  So sweet, the sense faints picturing them! Thou
  For whose path the Atlantic's level powers

  Cleave themselves into chasms, while far below
  The sea-blooms and the oozy woods which wear
  The sapless foliage of the ocean, know

  Thy voice, and suddenly grow gray with fear,
  And tremble and despoil themselves: oh, hear!

    IV

  If I were a dead leaf thou mightest bear;
  If I were a swift cloud to fly with thee;
  A wave to pant beneath thy power, and share

  The impulse of thy strength, only less free
  Than thou, O uncontrollable! If even
  I were as in my boyhood, and could be

  The comrade of thy wanderings over Heaven,
  As then, when to outstrip thy skiey speed
  Scarce seemed a vision; I would ne'er have striven

  As thus with thee in prayer in my sore need.
  Oh, lift me as a wave, a leaf, a cloud!
  I fall upon the thorns of life! I bleed!

  A heavy weight of hours has chained and bowed
  One too like thee: tameless, and swift, and proud.

    V

  Make me thy lyre, even as the forest is:
  What if my leaves are falling like its own!
  The tumult of thy mighty harmonies

  Will take from both a deep, autumnal tone,
  Sweet though in sadness. Be thou, Spirit fierce,
  My spirit! Be thou me, impetuous one!

  Drive my dead thoughts over the universe
  Like withered leaves to quicken a new birth!
  And, by the incantation of this verse,

  Scatter, as from an unextinguished hearth
  Ashes and sparks, my words among mankind!
  Be through my lips to unawakened earth

  The trumpet of a prophecy! O Wind,
  If Winter comes, can Spring be far behind?





前へHOMEシェリー次へ




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである