English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


ヘレン To Helen:エドガー・ポーを読む



エドガー・ポーの詩「ヘレン」To Helen(壺齋散人訳)

  あなたとはただ一度お会いした
  そう遠くない過去に
  あれは七月の真夜中だった
  満月があなたの心のように
  天空の軌道をさまよい歩き
  銀色のヴェールのような光を
  沈黙と炎熱と無気力とをともないつつ
  バラたちの仰向いた顔に注ぎかけた

  花園は魔法に魅せられ
  風はそよとも動かず
  バラたちの仰向いた顔は
  月の光を浴びながら
  死の陶酔に似た匂いを発し
  バラたちの仰向いた顔は
  微笑みながら死んでいった
  あなたに魅せられた花壇の中で

  白いドレスで スミレに囲まれ
  あなたは身をなかば横たえていた
  月影がバラたちの仰向いた顔と
  悲しみに満ちたあなたの顔に落ちた

  運命だったのだろうか 七月の真夜中に
  悲しみという名の運命だったのだろうか
  わたしがその花園の門に立ち止まり
  眠れるバラたちの芳香を浴びたのは
  足音は途絶え 世界は眠り
  あなたとわたしだけがいた
  思いだすと心がうずく
  あなたとわたしだけを残し
  すべてが一瞬に消え去ったのだ
  魔法にかかった花園の中で

  真珠色の月明かりが消え
  苔むした花壇もうねった小道も
  愛らしい花々もくねった樹木も
  姿を消して バラの香りも消えた
  すべてが消えて 残ったのはあなただけ
  あなたの瞳の中の清い輝き
  その瞳の中に写ったあなたの魂
  わたしが見るのはただこれだけ
  これだけを長い間見続けていた
  月が完全に沈んでしまうまで
  この水晶のような澄んだ瞳の中に
  なんという物語が刻まれていることか
  あなたの黒い瞳 希望の星
  静寂に包まれた海のような誇り
  燃えるような志
  そして深く深く息づく愛

  だがいまや 月は西空の雲の彼方に
  私の目から消え去って
  あなたの幽霊も木々の合間に消え去りゆき
  あなたの瞳の残像だけが残された
  それは何時までも残り続け
  わたしの行く手を照らしてくれ
  それ以来決して消えることはなく
  いつまでもわたしを導いてくれた
  まるでわたしの牧師として
  導くのが当然というように
  わたしはその明かりに救われて
  火のような輝きに浄化され
  楽土の光に清められる
  わたしの魂は美につつまれ
  天上の星たるあなたの瞳に膝まずく
  悲しくも静かな夜空の見張り役
  夜があけてあたりが明るさに包まれても
  わたしはなおも見続ける
  陽光にもあせることのない金星の耀きを


ポーは1831年にやはり To Helen と題した詩を書いている。その折は友達の母親への憧れを歌ったのだったが、1848年のこの詩の中で呼びかけられている Helen とは、Sarah Helen Whitman 夫人のことである。

晩年のポーは妻のヴァージニアが死んで心のよりどころを失ったのか、複数の女性を相手に次々とロマンスを求めた。ポーはそのうちの二三の女性とは真剣に結婚することを考えたほどだ。ホイットマン夫人もそんな女性の一人で、ポーは彼女と婚約までした。

婚約にあたっては、ポーの宿癖ともいうべきアルコールをやめるという条件が夫人のほうからつけられた。これはポーを嫌っていた夫人の母親の差し金だったようだ。結局ポーはこの約束を守ることが出来ず、婚約は破談となる。だが夫人はその後もポーに対して好意を抱き続けた。

ポーが死んだ後、グリズワルドによって悪意ある伝説が流布されようとしたが、夫人はそのさいにも生前のポーについて積極的に発言し、彼の名誉を守ろうとしたのだった。

この詩はそんな夫人との出会いを幻想的に描いたものだ。





TO HELEN.

  I SAW thee once -- once only -- years ago:
  I must not say how many -- but not many.
  It was a July midnight; and from out
  A full-orbed moon, that, like thine own soul, soaring,
  Sought a precipitate pathway up through heaven,
  There fell a silvery-silken veil of light,
  With quietude, and sultriness, and slumber,
  Upon the upturn'd faces of a thousand
  Roses that grew in an enchanted garden,
  Where no wind dared to stir, unless on tiptoe --
  Fell on the upturn'd faces of these roses
  That gave out, in return for the love-light,
  Their odorous souls in an ecstatic death --
  Fell on the upturn'd faces of these roses
  That smiled and died in this parterre, enchanted
  By thee, and by the poetry of thy presence.

  Clad all in white, upon a violet bank
  I saw thee half reclining; while the moon
  Fell on the upturn'd faces of the roses,
  And on thine own, upturn'd -- alas, in sorrow!

  Was it not Fate, that, on this July midnight --
  Was it not Fate, (whose name is also Sorrow,)
  That bade me pause before that garden-gate,
  To breathe the incense of those slumbering roses?
  No footstep stirred: the hated world all slept,
  Save only thee and me. (Oh, Heaven! -- oh, God!
  How my heart beats in coupling those two words!)
  Save only thee and me. I paused -- I looked --
  And in an instant all things disappeared.
  (Ah, bear in mind this garden was enchanted!)

  The pearly lustre of the moon went out:
  The mossy banks and the meandering paths,
  The happy flowers and the repining trees,
  Were seen no more: the very roses' odors
  Died in the arms of the adoring airs.
  All -- all expired save thee -- save less than thou:
  Save only the divine light in thine eyes --
  Save but the soul in thine uplifted eyes.
  I saw but them -- they were the world to me.
  I saw but them -- saw only them for hours --
  Saw only them until the moon went down.
  What wild heart-histories seemed to lie enwritten
  Upon those crystalline, celestial spheres!
  How dark a wo!, yet how sublime a hope!
  How silently serene a sea of pride!
  How daring an ambition! yet how deep --
  How fathomless a capacity for love!

  But now, at length, dear Dian sank from sight,
  Into a western couch of thunder-cloud;
  And thou, a ghost, amid the entombing trees
  Didst glide away. Only thine eyes remained.
  They would not go -- they never yet have gone.
  Lighting my lonely pathway home that night,
  They have not left me (as my hopes have) since.
  They follow me -- they lead me through the years.
  They are my ministers -- yet I their slave.
  Their office is to illumine and enkindle --
  My duty, to be saved by their bright light,
  And purified in their electric fire,
  And sanctified in their elysian fire.
  They fill my soul with Beauty (which is Hope,)
  And are far up in Heaven -- the stars I kneel to
  In the sad, silent watches of my night;
  While even in the meridian glare of day
  I see them still -- two sweetly scintillant
  Venuses, unextinguished by the sun!





前へHOMEエドガー・ポー次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである