English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


アナベル・リー Annabel Lee:エドガー・ポーを読む



エドガー・ポーの詩「アナベル・リー」Annabel Lee(壺齋散人訳)

  それはそれは昔のこと
  海際の王国に
  ひとりの乙女が住んでいた
  その名はアナベル・リー
  彼女はただひたすらに生きていた
  わたしを愛し愛されるために

  わたしも彼女も子どもだった
  海際の王国で
  でもわたしたちは愛し合っていた
  わたしとアナベル・リー
  それは天上の天使たちも
  うらやむような愛だった

  それが不幸のみなもとだった
  海際の王国に
  風が吹きすさんで殺してしまった
  美しいアナベル・リーを
  そこで天上から使者が来て
  彼女をわたしから取り上げて
  墓の中に閉じ込めてしまった
  海際の王国の墓に

  あまり幸せではなかった天使たちが
  彼女とわたしの愛をうらやんで
  誰でもが知っているとおり
  この海際の王国に
  夜毎冷たい風を吹かせて
  彼女を殺してしまったのだ

  わたしたちの愛は誰よりも深かった
  わたしたちより年上の人より
  わたしたちより賢い人より
  それ故天上の天使たちも
  海底の悪魔たちも
  わたしの心をひきさけなかった
  美しいアナベル・リーから

  月の満ち欠けとともにわたしは夢見る
  美しいアナベル・リーを
  星の輝きとともにわたしは思い出す
  美しいアナベル・リーを
  夜が更けるまでわたしは横たわる
  わたしのいとしい人のそばに
  海際の墓地に眠る
  渚の墓の中のアナベル・リー


この美しい詩は若くして死んだ妻ヴァージニアを悼んだものだといわれる。ヴァージニアはポーの従妹で、わずか13歳でポーと結婚し、24歳で死んだ。生涯病弱で、精神的な発達も遅れていたといわれるが、ポーはこの妻を心から愛していたようだ。その証拠にヴァージニアが死んだ後、ポーは深い痛手を負って、二度と立ち直れないまま、4年もたたないうちに、自分も死んでしまったからだ。





ANNABEL LEE.

IT was many and many a year ago,
In a kingdom by the sea,
That a maiden there lived whom you may know
By the name of ANNABEL LEE;
And this maiden she lived with no other thought
Than to love and be loved by me.

I was a child and she was a child,
In this kingdom by the sea:
But we loved with a love that was more than love --
I and my ANNABEL LEE ;
With a love that the winged seraphs of heaven
Coveted her and me.

And this was the reason that, long ago,
In this kingdom by the sea,
A wind blew out of a cloud, chilling
My beautiful ANNABEL LEE;
So that her highborn kinsman came
And bore her away from me,
To shut her up in a sepulchre
In this kingdom by the sea.

The angels, not half so happy in heaven,
Went envying her and me --
Yes ! -- that was the reason (as all men know,
In this kingdom by the sea)
That the wind came out of the cloud by night,
Chilling and killing my ANNABEL LEE.

But our love it was stronger by far than the love
Of those who were older than we --
Of many far wiser than we --
And neither the angels in heaven above,
Nor the demons down under the sea,
Can ever dissever my soul from the soul
Of the beautiful ANNABEL LEE:

For the moon never beams, without bringing me dreams
Of the beautiful ANNABEL LEE;
And the stars never rise, but I feel the bright eyes
Of the beautiful ANNABEL LEE;
And so, all the night-tide, I lie down by the side
Of my darling -- my darling -- my life and my bride,
In her sepulchre there by the sea,
In her tomb by the sounding sea.





前へHOMEエドガー・ポー次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである