English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS

ウィリアム・ワーズワース:生涯と作品


ウィリアム・ワーズワース William Wordsworth(1770-1850) はイギリス・ロマンティシズムを代表する詩人であり、サミュエル・コールリッジと共作で1798年に発表した詩集「リリカル・バラッズ」Lyrical Ballads はロマン主義運動の先鞭を果たした。

ワーズワース自身が詩とは何かを定義して、「人間の心情の自然な発露」”The spontaneous overflow from emotions recollected in tranquility” と書いているように、彼を中心とするロマンティシズムの詩人たちの特徴は、人間の内部の感情をありのままの形で、飾らずに表現することにあった。

アレクサンダー・ポープに代表される従来の詩が、様式的で修辞を重んじたのに対して、ロマン主義の詩人たちは人間の心情をのびのびと歌った。ワーズワース以下、バイロン、シェリー、キーツなど、イギリス文学史上の重要な詩人の多くが、この運動のなかから輩出しているのである。

ワーズワースはまた、イギリスが生んだ偉大な自然詩人である。自然を唯一の友として歌い続けたものは、彼のほかにはいないといえるほどだ。彼にとっては人間もまた自然の一部であり、自然のざわめきや人間の感情が一体となって、独特の詩的世界を作り上げた。

ワーズワースは風光明媚な湖沼地帯として知られるイングランド北西レーク・ディストリクトの町コッカーマスに、弁護士の子として生まれた。8歳のとき母親に、13歳のとき父親に死に別れたので、5人の兄弟たちは離れ離れに育てられた。この少年時代の辛い体験は彼の性格に影を落としたと思われ、後年しばしば陥った「うつ」の状態はそのせいではないかともされる。

ケンブリッジ大学に進んだワーズワースは、革命下のフランスを訪れ、共和派の思想に共鳴した。1792年に大学を卒業すると再びフランスを訪ね、そこでアンナ・ヴァロンという女性と恋に陥るが、英仏の関係悪化などが障害となり、結婚できないままイギリスに戻らざるを得なかった。そのうちフランス革命は変質して恐怖政治が幅を利かすようになるので、ワーズワースの革命熱はすっかり冷えてしまったようである。そんなことが引き金になったのか、20台半ばのワーズワースは重い「うつ」状態にしばしば陥った。

1795年に友人レスリー・カルバートの遺産を年金の形で相続することとなり、ワーズワースは経済的な安定を得ることが出来た。それ以後彼は生涯職につくことなく、詩作に専念できたのである。

その頃ワーズワースはコールリッジと深い交友関係を持つようになり、互いに影響しあった。その結果が1798年に発表された共同作品「リリカル・バラッズ」である。この書物は初版の際には作者の名を記していなかったが、たちまち大きな反響を呼んだ。ワーズワースとコールリッジは長らく「リリカル・バラッズ」の作者として、広く世に迎えられるようになったのである。

「リリカル・バラッズ」を出版した年の秋、ワーズワースはコールリッジおよび妹のドロシーとともにドイツに旅した。翌年にかけての厳しいドイツでの生活の中で、ワーズワースはホームシックにかかりながらも、大作「プレリュード」の制作に取り組んだ。これは自伝的な要素の強い詩で、彼の更に大きな構想であった「レクリューズ」の一部として書いたものだが、生前に発表することはなかった。

1802年にはドロシーとともにフランスを訪ね、残してきた愛人アンナ・ヴァロンと二人の間に生まれた娘とあった。そして帰国後、ワーズワースは幼馴染だったメアリー・ハチンソンと結婚し、レーク・ディストリクトの町グラスミアで暮らす。ドロシーも生活をともにした。

1807年には、上下二巻からなる詩集を発表し、自然詩人としての名声をますます強いものにする。

だがワーズワースの詩人としての感性は、30台の半ば頃には枯渇してしまったようだ。晩年の彼は、「逍遥詩篇」Excursion などの大作に取り組むが、それらは初期の短い詩と比較し、優れたものとは言い得ない。ワーズワースの本領は、あくまでもみずみずしい抒情詩にあった。

コールリッジがアヘンに耽るようになったため、一時期彼との交友関係が絶え、変って、同じくレーク・ディストリクトに住んでいたロバート・サウジーと親交を結ぶようになったが、最晩年にいたって、ワーズワースとコールリッジはかつての友情を復活させた。彼ら三人は人々によって、「湖沼の詩人たち」Lake Poets と呼ばれ、イギリス・ロマンティシズムを象徴する存在となった。

ワーズワースはサウジーに続いて英国の「桂冠詩人」の名誉を受け、80年の長い生涯を終えた。





HOMEワーズワース




 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである