English Poetry and Literature
HOMEブログ本館東京を描く水彩画ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS


勝利の蛆虫 The Conqueror Worm



エドガー・ポーの詩「勝利の蛆虫」The Conqueror Worm(壺齋散人訳)

  見よ わびしい末世の
  祭りの夜に
  羽を畳んだ天使たちの一群が
  ヴェールの陰で咽びながら
  とある劇場に腰掛けて
  希望と恐怖の一幕を見ている
  オーケストラがとぎれとぎれに
  天上の音楽を奏でている

  役者たちは神の似姿をして
  もぐもぐと低い声でつぶやきながら
  あちこちと動き回るが
  所詮は操り人形に過ぎず
  巨大な亡霊に操られているだけ
  亡霊の意思が舞台を動かし
  ハゲタカのような翼をはためかせ
  不可視な悲惨を振りまいているのだ

  こんな道化芝居でも 決して
  忘れられるものではない
  亡霊の正体をつかもうとしても
  つかまえることができない
  それはぐるっとひとまわりして
  また元に戻る円のようなもの
  狂気や罪悪そして恐怖が
  この芝居の眼目だ

  だが見よ 道化を蹴散らしながら
  舞台に這い出てきたものがある
  血のように真っ赤なものがうめきながら
  闇の中から現れる
  それはのたうちまわりながら
  道化たちを餌食にする
  天使たちは人間の血で赤く染まった
  蛆虫の姿にぞっとするのだ

  明かりが消えて闇が広がると
  震える道化たちの頭上から
  葬送のとばり カーテンが
  嵐のような勢いで下りてくる
  それを見た天使たちはすっかり青ざめ
  立ち上がりヴェールを脱ぐとこう叫ぶのだ
  これは人間という題の悲劇
  主演者は勝利の蛆虫だと


この詩は短編小説「リジーア」の中でも使われている。人間の生涯を悲劇の舞台としてとらえる構想は、ポー独自のユニークな視点だ。





THE CONQUEROR WORM.

  LO! 'tis a gala night
   Within the lonesome latter years!
  An angel throng, bewinged, bedight
   In veils, and drowned in tears,
  Sit in a theatre, to see
   A play of hopes and fears,
  While the orchestra breathes fitfully
   The music of the spheres.

  Mimes, in the form of God on high,
   Mutter and mumble low,
  And hither and thither fly --
   Mere puppets they, who come and go
  At bidding of vast formless things
   That shift the scenery to and fro,
  Flapping from out their Condor wings
   Invisible Wo!

  That motley drama -- oh, be sure
   It shall not be forgot!
  With its Phantom chased for evermore,
   By a crowd that seize it not,
  Through a circle that ever returneth in
  To the self-same spot,
  And much of Madness, and more of Sin,
   And Horror the soul of the plot.

  But see, amid the mimic rout
  A crawling shape intrude!
  A blood-red thing that writhes from out
   The scenic solitude!
  It writhes! -- it writhes! -- with mortal pangs
   The mimes become its food,
  And the angels sob at vermin fangs
   In human gore imbued.

  Out -- out are the lights -- out all!
   And, over each quivering form,
  The curtain, a funeral pall,
  Comes down with the rush of a storm,
  And the angels, all pallid and wan,
   Uprising, unveiling, affirm
  That the play is the tragedy, "Man,"
   And its hero the Conqueror Worm.





前へHOMEエドガー・ポー次へ







作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2010
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである